ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

ゲーセンの思い出:おでん事件

どうも、ドミナゴです。
 幼稚園のときにインベーダーゲームと出会ってから、ずっとゲームをやっていますのでかれこれ45年近くになります。

45年ってほぼ半世紀ですか!自分でもびっくりです。

今回は、幼稚園~高校生までよく通っていたゲームセンターについて、思い出の一つとなっている「おでん事件」をご紹介したいと思います。

f:id:dominago:20220110105357j:plain

なぜがおでんが売っているゲーセン

これは僕が中学生のときに、よく通っていた地元のゲームセンターでの話です。

そこは普通のゲーセンにもかかわらず何故か店内でおでんが売られていました。

今ではコンビニでも売っているおでんですが、ゲームセンターでおでんを売っているのはとても珍しく、よくゲームをしながら牛すじや大根を食べたものです。

事件は僕の後ろで起きた

事件が起きたのは、通い始めてから数ヶ月後のことでした。僕が普通にゲームをやっていると、突然後ろの方から

「あぢいぃぃぃぃ!!!!!!!」

という声がしました。

何事かと振り返ってみると、高校生と思える男子生徒が、上半身びしょ濡れで悶絶しているのです。

その横には、うなだれている中学生がいて、

「ごめんなさい」

と繰り返し高校生に謝っていました。

僕は、状況が飲み込めずゲームをしながらチラチラとその状況を見ていると、一緒に遊んでいた友人が近づいてきてこう言ったのです。

「おでんを入れた器が飛んでいって、高校生にあたったぞ!!!」

くくくっ、と笑いをこらえて友人は続けました。

「あのゲームには気をつけないといけないな。」

と友人は、あるゲームを指差しました。

諸悪の根源「テーカンワールド カップ」

それは、当時新しく出た『TEHKAN WORLD CUP』(テーカンワールド カップ)でした。

名前からも分かるとおり、サッカーをするゲームなのですが、通常のレバーで操作するのではなく、トラックボールを手のひらで転がすことで、選手を走らせるタイプのものでした。よってエキサイトすると腕の動作が激しくなり、ゲーム台においているジュースや灰皿などを弾き飛ばしてしまう危険性がありました。

そう、そのために今回の悲劇は起きたのです。

加害者の中学生は、おでんを購入後、そのまま器をゲーム台の上に置きました。そしてゲームをプレイし、興奮したところで、おでんの器を弾き飛ばし、高校生に命中させたのです(笑)。

その後、この中学生と高校生はどうなったかわかりませんが、高校生は火傷の跡が残らなかったこと、中学生はトラウマを抱えていないことをお祈りいたします。

実際のプレイシーン

実際のプレイシーンはこんな感じです。(30秒あたりから)

www.youtube.com

 

このゲームで手のひらに血豆を作ったのは良い思い出ですね。

トラックボールと板のあいだに手の肉が挟まるんですよね(痛)。

ゲーセンの思い出についてはまだまだありますので、これからもみなさんにご紹介できればなと思います。

ゲーセンの思い出については、以下も読んでいただけたら幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

では、また。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村