ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

ゲーセンの思い出:カツアゲ事件

どうも、ドミナゴです。
幼稚園~高校生までよく通っていたゲームセンターについての思い出を紹介しています。

今回は「カツアゲ事件」です。

f:id:dominago:20220112140140j:plain

さわやかにカツアゲされる

カツアゲをWikipediaで調べてみますと、「金銭の強制搾取を指す、盗人・不良仲間が主に使用する隠語 」とありました。

そう、まさに金銭の強制搾取をされたことが、中学生の時にありました。2回ほど

一度目は、デパートの屋上にあった遊園地に併設されていたゲームコーナーでやられました。

僕が「タイムパイロット」で遊ぶか、「スペースウォー」にしようか迷ってウロウロしていたところ、突然2~3人の中学生に囲まれてしまいました。

そのうちの一人が、

「100円くれや」

と、ともだちに話しかけるようなトーンで言ってきました。もちろん面識もありませんし、初めての会話が、「金よこせ」という失礼極まりない輩です。

一瞬固まったのち、チキンな僕は抵抗することもできず、素直に手に握っていた100円を渡しました。無抵抗だったのが幸いしたのか、奴らはそれ以上の要求をせず、僕の前から立ち去っていきました。

初めてのカツアゲという出来事に意気消沈し、その日はゲームをせずに家に帰りました。

帰り道で、

「あ、これがカツアゲなんだ。現実にあるんだ。」

と思いながら、フラフラと自宅に戻ったことを覚えています。

友人が驚愕の対抗手段を行使

二度目は、本格的なカツアゲをされました(笑)。

友人と二人で、いつもは行かないゲームセンターに出張して遊んでいたときのことです。別の校区の見るからに不良の中学生が、僕たちの元に近づいてきて耳元でささやきました。

「ちょっと、表にでろや。」

相手は4~5人でこちらは2人です。

素直に従わざるを得ず、ゲーセン裏の薄暗い小道に連れて行かれました。

僕たちを取り囲んだ不良どもは、今度は大声で

「お前ら財布出せや!」

とリーダー格の男が凄んできました。

僕がその剣幕に完全に固まっていると、横の友人が驚く行動に出ました。

突然、大泣きしだしたのです。

初めて見る友人の号泣に、自分もびっくりしましたが、カツアゲ野郎どももちょっと怯んだようで、

「せ、千円で許したるから、出せや。」

と、明らかにトーンダウンした声で僕たちに言いました。

友人は、ポケットから千円札を取り出しながら、

「ごめんなさい、これで許してください、うわぁぁぁぁ~~~~っ」

と、さらに大きな声で泣き出したのです。

結局、奴らは差し出した千円を奪うように受け取り、その場から立ち去りました。

一瞬の静寂の後、僕がボーっとしていると、友人はガッ!とこちらを見てこう言いました。
「おい、どうだった俺の演技」
と。

しかも満面の笑みで。

僕は、カツアゲと友人の嘘泣きとのダブルショックで、しばらく何も言うことができませんでした。

「被害が最小限で助かったよな。」

と、友人は呆然とする僕の肩をポンと叩きました。

我に返った僕は、さっきのお金を折半しようと提案し、友人に500円を渡して家路につきました。

その夜僕は、お風呂の中でこの出来事を思い返しながら、

「あいつは大人だな。」

と妙に感心したことを覚えています。

ゲーセンの思い出については、これからもみなさんにご紹介できればと思います。

ゲーセンについては、以下も読んでいただけたら幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

では、また。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村