ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

ゲーセンの思い出:タダでゲームをする方法

どうも、ドミナゴです。
幼稚園~高校生までよく通っていた、ゲームセンターについての思い出を紹介していますが、今回は「タダでゲームをする方法」についてです。

(本文の内容は、現在ではまったく通用しませんので、お試しになりませんように)

f:id:dominago:20220209102933j:plain

タダでゲームができる?

私が小学校に通っていたある日のこと、仲の良い友達が僕に駆け寄ってきて、興奮気味にこう言いました。

タダでゲームをする方法があるらしいぞ!」と。

僕は、そんなことあるわけないやん、どうせ嘘だろ、という感じで、

「へえ、どうやんの?」

と素っ気なく返答しました。

すると、友達は、

「ライターを使うと、お金が入ったみたいになるらしいよ」

と、何を言っているかよくわからない回答をしました。

僕が、はぁ?という顔をしていると、続けて、

ライターを壊して、火を付ける部分を取り出して、お金入れるところでカチッとすると、お金が入ったのと同じ様になるんだって

と、より具体的な説明をしてきました。

いつもの友人の嘘にしては、妙に具体的なので、

「だれか試したの?」

と聞いてみました。

友人は、

「○○が試したらうまくいったらしいよ」

と、ちょい不良気味のクラスメートの名前を挙げました。

あぁ、あいつならやりかねないな、と僕は納得し、本人に直接聞いてみることにしました。

おばあちゃんの目

「できたよ、簡単に」

○○は勝ち誇ったように僕に言いました。

「じゃあ、僕に見せてくれる」

と言うと、

「いいよ、今日放課後に見せてやるよ」

といいながら、なにやら怪しげな部品を僕に見せてきました。

それは、友人の説明通り、百円ライターの着火する部分を取り出したものでした。

〇〇がスイッチのようなものを押すと、バチッと火花が見えました。

「じゃ、放課後な」

と〇〇はそう言って僕の前から去っていきました。

 

放課後、僕たちは行きつけの駄菓子屋に向かいました。

そこには、僕がいつも遊んでいる「ルナレスキュー」がありました。

〇〇はお店の中にいるおばあちゃんを確認した後、

「よし、今なら大丈夫だ」

と例の機械をコイン投入口に近づけ

カチッ

とボタンを押しました。

すると、ゲーム画面に表示されているクレジットが「1」に変わり、たしかにお金を入れた状態と同じことが起きたのです。

「ほらな、これでゲームができるんだ」

と○○は、そのままゲームをはじめました。

僕は、スゴイなと思いつつ、ふとお店の中を見ると、駄菓子屋のおばあちゃんと目が合いました。

おばあちゃんは、何も言いませんでしたが、僕にはちょっと悲しそうに見えました

このようなことを子供がやっているということを、おばあちゃんはすでに知っていたのかもしれません。僕は、なんだかいたたまれなくなり、○○に別れを告げ、いそいで家に帰りました。

消えない罪悪感

しばらくして、学校の全校集会で、この話が話題となりました。

「今、あるものを使ってゲームをタダでやっているといううわさがあります。このようなことをするとけいさつにつかまって、ろうやに行くことになります。ぜったいにやってはいけませんよ」

と女の先生がみんなの前で脅し気味に言いました。

僕は、その先生の話よりも、おばあちゃんの顔が忘れられず、ライターの部品を使うことはありませんでした。

○○は相変わらず使用していたようですが、しばらくして

「できなくなった」

と話しているのを聞きました。

ゲーム会社の方も、状況を把握し対応を行ったのです。

今思うと、僕が○○と駄菓子屋で行った行為は、生まれて初めての犯罪だったのかもしれません。

罪悪感という言葉を、その当時知りませんでしたが、○○がタダでゲームを始め、おばあちゃんと目が合った瞬間、心に黒いものが充満していくのを、今でも鮮明に覚えています。

 

ゲーセンの思い出については、これからもみなさんにご紹介できればと思います。
他の思い出については、以下も読んでいただけたら幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

それでは、また。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村