ドミナゴのブログ

50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

当日券をゲットして「クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ」展を鑑賞(その1)

どうも、ドミナゴ(@Dominago50)です。

今回は、東京都現代美術館で開かれているリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ」展を当日券をゲットして鑑賞した様子をご紹介できればと思います。

DMM英会話のお友達紹介コードは267989084です。
入会時にこのコードを入力すると紹介した方、紹介された方双方にプラスレッスンチケット3枚が貰えます。(誰が利用したかこちらには分かりません)

大人気の「クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ」展

2022年12月21日から2023年5月28日まで、東京都現代美術館で「クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ」展が開催されています。

www.mot-art-museum.jp

 

この大人気の展示会を見ることができましたので、当日券ゲットの様子を含めてご紹介したいと思います。

先週のことですが、妻がいきなり、

「クリスチャン・ディオールの展示会に行きたい!」

と言い出しました。

私も妻もファッションには疎い方で、お金をかける方でもないのですが、

「展示を見てなにか刺激を受けたい!」

というので、チケットが入手できるかどうか調べてみました。

まずは、ウェブでオンラインチケットの入手ができるかチェックしたところ、すべての日で完売となっていたため購入できませんでした。

たまにキャンセルが発生するそうですが、ずっとリロードし続けてもキャンセルは出ませんでした。

よって当日券をゲットするしかないということで、状況をウェブページや公式ツイッターで確認したところ、多くの日で8時~9時過ぎには当日券のチケットもなくなってしまうようです。

当日券販売終了時間の推移(4/23~5/23までの参考)

twitter.com

 

ということで、妻は、

始発電車で行って並ぶ!

と仰りましたので、

「がんばってね!」

と言って送り出しました(お前は行かんのか~い!笑)。

その後、私はもう一眠りしてから、ゆっくりブログでも書こうと思っていました。

しかし、9時30頃に私のスマホに連絡が、

チケット二人分ゲットできそうだけど来る?

と言われましたので、

「それなら行こうかな(てへっ)。」

ということで美術館まで社長出勤となりました。

妻はチケットをゲットするまで4時間ほど立ちっぱなしだったようで、しばらく頭が上がらない日が続きそうです。

妻は長時間並ぶのが平気らしく、私はとても苦手なので、その点はすごいと思っています。

チケットをゲットするまで

この展覧会は完全予約制なので、チケットさえゲットできればあとは時間まで並ぶ必要はありません。

妻は、11:30~12:00までの入場券を手に入れていたので、それまでは近くにあるバーミヤンで待機するという連絡がありました。

私は地下鉄で木場駅を目指し、そこから歩いて美術館に行くことにしました。

駅を降り、木場公園を北進すると東京都現代美術館にたどり着けます。

途中、公園内にある橋(木場公園大橋)を渡りました。

 

そして11時頃、東京都現代美術館に到着しました。

このときはすでに当日券を求めて並ぶ列はなくなっていました。

 

後でこの日の当日券完売時間を見ると、7時3分!でした。

並んでいる時に妻が撮った写真をもらいました。

遠くの方までズラッと行列が続いていますね。

 

これがゲットしたチケットです。

お疲れ様です。

11時30分、いざ展示会へ

11時30分になりましたので、美術館の入り口へ向かいました。

チケットをチェックされ、早速会場の中へ。

 

サッカーボールのようなものがお出迎えしてくれました。

 

ここからは、美術館内で撮影した写真が続きます。

ごく一部のオブジェを除き、館内は撮影OKでした。

これからは写真をとれるのが当たり前になってくるでしょうね。

 

このドレス、かっこいいです!。

 

ディスプレイの演出も大変凝っていて、飽きることがありません。


見学していたある御婦人が、

2000円以上の価値が十分にある。入場料が10,000円でも払うわ!

と仰っていました。

見学者は7:3もしくは8:2で女性の方が多く、着物やドレスを着飾ってこの展示会を見に来られている人が目立ちました。

まだまだ撮影した写真がありますので、次回に続きます。

展示会は5月28日までなので、どうしても見たい方は、気合を入れて列に並べば当日券が手に入ると思います。

 

以下の記事もお読みいただければ幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

それでは、また。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村