ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

楽天マガジンで読んでいる雑誌(その11)ジョギング・サイクリングのモチベーションに

どうも、ドミナゴ(@Dominago50)です。

今日は、私が普段楽天マガジンで読んでいる雑誌について、ご紹介していきたいと思います。

今回はその11です。よろしければその1~10もお読みください。

初回限定!1ヶ月無料。

ランニングマガジン・クリール

今回は、楽天マガジンで読めるランニング・サイクリング雑誌を3冊選んでみました。

まずはランニングマガジン・クリールです。

この雑誌は、ベースボール・マガジン社が毎月22日に発行しているランニングに関する情報誌です。

fujisan.co.jpの紹介を見ると、

クリールは、参加型スポーツの新しいランニング情報誌です。充実の大会参加情報をメインに、ランニングライフに必要な情報を多角度から提供していきます。

https://www.fujisan.co.jp/product/2765/new/

となっています。

私の場合、5キロをジョギングしている程度のランナーなので、雑誌に書いていることはそれよりも高度なこととなります。

それでも、ランニングの姿勢やシューズ選び方などはとても参考になります。

実際の競技ランナーの方が行うトレーニング方法なども載っていますので、それを見るだけでも楽しいです。

引き続き体力の続く限り、日々のジョギングを行っていきたいと思います。

RUN+TRAIL(ランプラストレイル)

次はRUN+TRAIL(ランプラストレイル)です。

これは、三栄という出版社が隔月(偶数月)27日に発行している山を走るランナーのための雑誌です。

fujisan.co.jpの紹介にも、

山を走ろう!トレイルランニング専門誌

山を走ることを楽しむランナーを応援する雑誌です。レースレポートからノウハウ、専用スポーツギア、ファッションまでをフューチャーします!!

https://www.fujisan.co.jp/product/1281694739/new/

と説明されています。

私も将来的に、緩やかな山道や自然の中を走ってみたいという願望はありますが、雑誌を読むと、これはキツイに違いない!という気分になります。

また、平坦でない道を走るということは、怪我の危険性も伴います。

私も普段のジョギングで、舗装されていない公園の道や、ちょっとした山道を走ったりしますが、過去に数回転倒したことがあります。

幸い怪我はしませんでしたが、一度転倒のはずみで家の鍵をなくし、家に入れなくなったことがあります(笑)。

その時は、親切な子供さんが公園の管理事務所に鍵を届けてくれていたため、なんとか数時間後に家に入ることができました。

その後お礼の電話をさせてもらい、感謝の言葉を伝えました。

今は、身につけられるポーチに鍵を入れて絶対になくさないように気をつけています。

話がそれてしまいましたが、とりあえずもうちょっと公園で山道の訓練を行った上で、今後トレイルランニングに挑戦してみたいと思います。

自転車日和

自転車日和は、辰巳出版が発行している自転車に関する雑誌です。

Amazonの紹介を見ると、

『自転車日和』はレースやトレーニング志向ではなく、「選ぶ」「乗る」「カスタムする」などの幅広い楽しみ方を提案。初心者・ベテランを問わず、自転車のある生活を自分のペースで楽しみたい方々のための自転車ライフスタイル誌です。

となっており、ガチ自転車勢ではない人も楽しめる雑誌となっています。

雑誌のウェブサイトは以下となります。

jitensha-biyori.jp

 

私もクロスバイクを乗り始めて約10年くらいになりますが、いまだにその便利さを実感しています。

車体も軽いので、そこそこの坂でもスイスイ登れます。

これから長距離も挑戦してみたいのですが、以前ブログにも書いた通りおしりが痛くなっちゃうんですよね(笑)。

過去最長は、昔住んでいた阿佐ヶ谷から友人宅の金町まで片道約25キロの道のりです。

その時はジョギングをしていなかったので、体力的にもお尻的にもキツかったです。

今は多少体力もついていると思いますので、暖かくなる来年の春辺りから自転車でどこか遠くに行ければいいなと思っています。

それまでは、雑誌をみて自転車の情報をチェックしたいと思います。

 

今回はここまでということで、雑誌については引き続きご紹介したいと思います。

以下の記事もお読みいただければ幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

それでは、また。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村