ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

夫婦ふたり暮らしの生活費一ヶ月分を計算してみた(2022年12月分)

どうも、ドミナゴ(@Dominago50)です。

今回は、私(と妻)が12月にどのくらいお金を使ったかを見ていきたいと思います。

ちなみに、11月分の記事は、以下となります。

dominago50.com

プロフィール

妻のみ、子供なし、ペットなし、車なし
住み家あり、ローンなし、その他借金なし

です。

2022年12月の生活費内訳

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

ということで、正月から生々しいお金の話で恐縮です(笑)。

2022年12月の生活費の内訳は以下のようになりました。

国民年金などの税金を除いて約20万円となりました

先月は急な出費がかさんで20万円を超えてしまいました。

突然の出来事とは、ノートパソコンの修理費3.3万円です(泣)。

dominago50.com

まあ、必要なものなのでしょうがないですが、どうせなら保証期間内に壊れてほしかったものです。

 

生活費の内訳は以下の通りとなっています。

2022年 12月 先月との比較
飲食費 66,328 +10,216
教養娯楽費 25,657 +260
水道光熱費 17,398 +1,580
保険医療費 11,497 -5,760
経費 5,771 0
通信料 9,904 -1,040
諸雑費 66,048 +53,692
交通費 1,221 -363
  203,824 +52,289

※サブスクなど年払いのものは、12ヶ月で割って計算しています。

※国民年金や固定資産税などの税金やideco積立などは入っていません。

 

年が変わって2023年になりましたが、今年も厳しい1年になりそうですね。

景気の良さそうな話はあまりなく、相変わらずモノの値段はちょっとずつ上がっていきそうです。

 

では、12月の内訳を見ていくことにします。

飲食費

66,328円(先月との比較:+10,206円)

12月ということもあり、飲食費も普段より高めになっています。

クリスマスケーキや、正月用の食べ物などなど、普段買わない食料品も買いましたからね。

今年の目標は、飲食費を改善したいと考えております。

会社勤めの妻も、外食よりも自分で作ったサラダなどのほうが健康にも良いということで、切り替えたいと言っていました。

私は、昨年辞めた家飲みを継続したいと思います。

外では変わらず飲む予定ですけど(笑)、その機会もコロナ以降そんなにありませんからね。

教養娯楽費

25,567円(先月との比較:+260円)

教養娯楽費とは、アマゾンやネットフリックスなどの動画サービスやDMM英会話など、主に趣味に使った費用となっています。

12月は、美術館へ2回行きました。

三鷹の森ジブリ美術館と東京都美術館です。

2023年は、お出かけの回数を増やしたいと思っています。

よって娯楽費も2~3万円くらいで抑えられれば問題ないかなと考えています。

水道光熱費

17,398円(先月との比較:+1,580円)

今月からカーペットとこたつを使い始めましたので電気代が再び上昇気配です。

また、お風呂にもヒートショック防止のミニファンヒーターを使い始めました。

電気料金の値上げはきついですね。

ゲーミングパソコンも電気を喰いますし、電気なしでは生きていけませんから...。

灯油は例年よりもあまり使っていません。

なるべく着込んで暑かくなったらこまめに切るようにしています。

なんだか国の言いなりになっているようでムカつきますが、灯油の値上げに対抗するには買わないという対抗手段しかないようです(笑)。

医療費・保険

11,497円(先月との比較:-5,760円

今月も、持病の治療等で1万円ほどとなっています。

経費・通信料・諸雑費・交通費

合計で82,944円(先月との比較:+52,289円)

先月と同様、経費については、仕事で使用するもの(Adobe CCやMicrosoft 365など)が月割り換算で含まれています。

今月は、ここがネックとなり20万円を超えてしまいました。

一つは先程も触れたパソコンの修理、もう一つはニトリで買ったNウォーム 着る毛布を夫婦で買いました。

これでどこまで寒さに対抗できるかどうか。

着る毛布、普段は暖かくて良いのですが、急な来客でそのまま対応するのはちょっと勇気がいりますね(笑)。

仕事をしている昼間なんかに、どうしても手渡しで受け取らないといけない荷物が来ると、ちょっと恥ずかしいです。

お前まだ寝てたのか!と思われたりしないか気にしてしまいます。

配達員の人は、そんなことを気にするほどヒマじゃないとは思いますけど。

ただの自意識過剰です(笑)。

2022年の生活費は?

最後に、今年の生活費について見ていきたいと思います。

1年間、家計簿をつけることで大体の生活費が見えました。

節制気味だと13万円ほど、多いときは20万円前後となり、平均は15~16万円ということですね。

2022年 生活費 平均との比較
1月 155,984 -3,147
2月 141,911 -17,220
3月 137,413 -21,718
4月 135,463 -23,668
5月 173,907 +14,776
6月 150,847 -8,284
7月 153,437 -5,694
8月 178,801 +19,670
9月 161,552 +2,421
10月 171,185 +12,054
11月 145,249 -13,882
12月 203,824 +44,693
平均 159,131  

 

まあ、1年に1~2回は臨時の出費がありますね。

2023年は、友人の結婚式に招待されていますし、海外旅行も計画しています。

また、現在は家賃のかからない親の実家に住んでいますが、賃貸に引っ越しも考えています。

今年は、散財の年になりそうです。

その分稼がなければならないので、もっと仕事を調達してくる必要がありますね。

のんびり生活に別れを告げ、忙しい1年になってしまうのかなと今から覚悟を決めています。

家計簿は引き続きつけていきますので、今後もご紹介できればと思います。

 

今回はここまでということで、今年もよろしくお願いします。

お金については、以下の記事もお読みいただければ幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

それでは、また。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村