ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

シャトルシェフでカレーを作ってみた、簡単な使い方をご紹介

どうも、ドミナゴです。
今回は、友人から頂いたもので、今では煮込み料理を作るのに欠かせなくなった、シャトルシェフについてご紹介したいと思います。この鍋を使ってカレーをよく作っています。

f:id:dominago:20220307101939j:plain

シャトルシェフとは

シャトルシェフとは、ステンレス製魔法瓶で有名なサーモス株式会社が作った、保温調理ができる鍋のことです。

 

公式ページでは、

シャトルシェフなら、サーモスの培った高真空断熱技術により、鍋を火にかけ続けることなく余熱でじっくり煮込むので、煮くずれさせず、素材本来の風味や旨みを生かしながら味をしみこませます。
うす味でもおいしくヘルシーに仕上がる、サーモスマジックをあなたの食卓へ。

と紹介されています。

www.thermos.jp

カレーを例にすると、通常であれば、沸騰させた水に具材を入れた後、しばらくガスにかけたまま最低2~30分ぐらい煮込まなければならないと思いますが、その煮込みという工程を、このシャトルシェフがまかないます。

鍋をまるごとステンレス製の保温容器に入れることで、温度をほぼ下げること無く、2~30分予熱で具材を煮込むことができます。

このため、煮込み中は火を使わないので、キッチンを離れ、別の作業をすることもできます。ガス代の節約にもなりますね。

サーモス公式のYouTubeチャンネルでも、いろいろ紹介されています。

www.youtube.com

簡単にカレーができてしまう鍋

いつもこのシャトルシェフでカレーを作っています。

f:id:dominago:20220308091016j:plain

 

私が持っている鍋いっぱいにカレーを作ると、約1週間分の量となりますので、タッパーに入れて冷凍保存し、好きなときに温め直して食べています。

カレールーは、「コスモ直火焼カレールー辛口」を愛用しています。

このカレールーは、美味しいだけでなくフレークタイプなので、溶けやすく、量の微調整もできるので大変便利です。

 

また、「エバラ横濱舶来亭 カレーフレークBLACK辛口」も愛用しています。

 

カレー以外の使い方

私の場合、カレー以外だと、同系統のシチューやハヤシライス、煮込み系の定番、肉じゃが、おでんなどを作ったことがあります。

レシピを調べてみると様々な使い方が載っていますね。

公式サイトのレシピに載っている、このお粥は美味しそうですね。今度ぜひチャレンジしてみたいと思います。

www.thermos.jp

 

牛すじ煮込みも美味しそうです。

oceans-nadia.com

 

シャトルシェフについては、我が家で大活躍していますので、美味しいものができたらまた紹介させていただきます。

料理については、以下の記事もお読みいただければ幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

それでは、また。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村