ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

旅行写真:2017年の黄大仙廟(ウォンタイシンチ) - Hong Kong(香港)

どうも、ドミナゴ(@Dominago50)です。

コロナ禍になる前に撮影した海外旅行の写真を整理していますので、このブログで紹介していきたいと思います。

今回は、香港の九龍黄大仙区にある寺院、黄大仙廟(ウォンタイシンチ)についてご紹介できればと思います。

DMM英会話のお友達紹介コードは267989084です。
入会時にこのコードを入力すると紹介した方、紹介された方双方にプラスレッスンチケット3枚が貰えます。(誰が利用したかこちらには分かりません)

黄大仙廟(ウォンタイシンチ)とは

黄大仙廟(ウォンタイシンチ)とは、香港の九龍黄大仙区にある有名な寺院です。

Wikipediaによると、ここの寺院は、

道教と仏教、そして儒教が習合しており、本尊は黄初平(晋時代の仙人)、観世音菩薩、そして孔子である。主に病気平癒祈願の寺院として信仰を集めている。

黄大仙祠 (香港) - Wikipedia

ということです。

場所は、中心街からちょっと離れていますが、地下鉄で簡単にアクセスできます。

 

最寄りの駅は、黄大仙駅です。

駅の目の前に寺院はあります。

黄大仙廟を見学

香港旅行の最終日、帰国までちょっと時間がありましたので、早朝から黄大仙廟を見学しました。

中でたくさん撮影しましたので、今回は写真多めです。

 

黄大仙廟の入り口です。

まだ7時ぐらいだったので、あまり人はいませんでした。

 

漢字を見るだけでも、何でも願いが叶いそうですね(笑)。

 

そびえ立つマンションの一角にこの寺院はあります。

いかにも香港らしいですね。

 

ここには十二支の像がありました。

 

これは豚ですね。

日本だとイノシシですが...

 

財神も祀られています。

 

これはこの寺院の本殿です

赤松黄仙祠と書いていますね。

ここでも関羽を発見、しかし...

見学を続けると三聖堂という建物を発見。

写真でいうと左側に関聖帝君の文字が...関羽が祀られています。

 

写真を撮ろうと近づいてみたのですが、ガラスが朝日に反射して上手く取れませんでした。

小さく関羽様が写っているから良しとしますかね。

 

縁結びの神様、月下老人もいました。

写真には写っていませんが、月下老人の両隣に男性と女性の像があります。

ここで、出会いたい異性の方に赤い紐を結ぶと願いが叶うと言われています。

写真でも紐がたくさん結ばれているのがわかりますね。

 

さらに園内を散策。


経堂。

 

意密堂。

 

麟閣。

 

鳳鳴楼。

 

孔道門には参拝者が多くいました。

 

ここは名前の通り、孔子が祀られています。

 

この寺院には、見事な庭園もあります。

 

朝日をバックに立派な建物が映えますね。

 

 

上から見ると、庭園の美しさをさらに感じることができました。

 

最後は、牌坊と呼ばれる大きな門、赤松黄大仙祠をくぐってこの寺院とお別れしました。

 

今回は、ここまでということで、次回も海外旅行の様子をお伝えできればと思います。

 

旅行ガイド「るるぶ」は Kindle Unlimited でも読めますので、旅行に行く前にざっと読んでおくのも良いですね。

 

旅行については、以下の記事もお読みいただければ幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

それでは、また。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村