ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

今週のDMM英会話(フリートーク):日本の接待文化について

どうも、ドミナゴです。
今週(2022年2月21~25日)受講したDMM英会話でのレッスン内容について、お話したいと思います。

今回のお題は以下となります。

f:id:dominago:20220224173211j:plain

接待文化について

先週のレッスンで、接待という言葉が出ました。

英語に訳すと「Corporate entertainment」というそうですが、日本の接待文化について、今週あらためて英語で説明を行いました。

特に難しかったのは、賄賂とどこが違うのかというところです。

国家公務員等は、接待を提供したり受けたりすることが禁止されていますが、民間企業だとそれぞれの会社の就業規則等に委ねられており、現在でも接待を行っている企業はあると思います。

私の説明は、ある企業のセールスパーソンが、自社の商品を買ってもらったり、契約してもらうために、お客さんを居酒屋やレストランに連れていき、会社のお金でもてなす、という感じで喋りました。

自分の説明も完全に正しいかどうかわかりませんが、「それは企業からお客さんへの営業活動であり、賄賂ではないのね?」と先生は言ってましたので、ニュアンスは伝わったようです。

このような日本にある特殊な商習慣を話し始めると、とても25分間のレッスン内ではおさまりませんね。

敬語について

先生とよく話す話題の一つに、敬語(Honorific Speech)があります。

以下のウェブサイトにあるような丁寧語、尊敬語、謙譲語の違いについては、私もうまく説明できませんでした(笑)。

無意識のうちに使っているものを、いざ説明するというのはとても難しいと感じました。

フィリピンだと英文の語尾にPoをつけると丁寧になるので簡単だと先生は笑っていました。確かにフィリピンに留学中、Poをつけながら喋っている人を多く見かけました。

「Thank you po.」でありがとうございます、ですね(笑)。

gogonihon.com

英語も丁寧にするときは日本語ほど難しくはないので、その点においては楽だと感じます(その代わり、動詞の後の s の有無や haveとhas、doとdoesなど区別する必要があんのか!といつも思いながら喋っています)。

文法的に正しいけど意味がわからない vs ブロークンだが意味はわかる

これは、先生が教えていてよくあることらしいのですが、「文章にリズムが無いとき、正しいけど意味が入ってこない時がある」と言っていました。

特に初心者の生徒さんが、単語を一つ一つ文法に当てはめながら喋る場合、文法と使っている単語は正しいのだけれど、テンポが遅すぎて、英語の音に聞こえなくなり、結局何が言いたいのかつかめないことがあるそうです。

私も初心者の頃は、文のルールを考えながら話していたので、リズムもテンポもありませんでした。

ある時、文法を考えながら喋るのを止め、暗記した文のパターンに単語を当てはめるように変えてから、会話にリズムが生まれ、英語を話すことが楽しくなってきた記憶があります。

このあたりは、以前の記事にちょっと書きましたね。

dominago50.com

先生曰く、文法は多少まちがっているかもしれないが、リズムがあり、イントネーションや発音に気をつけた文章のほうが、はるかに聞き取りやすく内容も理解できるらしいです。

今週は、その他、天皇誕生日、先生の副業、ウクライナ情勢について話しました。これからもDMM英会話についてお話できればと思います。

 

 

DMM英会話は25分の無料体験レッスンを行っています。
私もオンライン英会話を受講する前は、とても緊張しましたが、フレンドリーな先生方に助けられ、本格的に受講することに決めました。
(今では、受講時間が35,000分を超えています。)
全くの初心者の方は、日本人講師を選択することができますのでおすすめです。

英会話については、以下の記事もお読みいただければ幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

それでは、また。

 

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村