ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

旅行写真:2017年、ルアンパバーンの朝市 - Luang Prabang(ラオス・ルアンパバーン)

どうも、ドミナゴ(@Dominago50)です。

コロナ禍になる前に撮影した海外旅行の写真を整理していますので、このブログで紹介していきたいと思います。

今回は、ラオスの観光地であるルアンパバーン(Luang Prabang)の朝市と町並みについてご紹介できればと思います。

※載せている写真に(人によっては)ショッキングなもの(虫、蛇、蝙蝠など)が含まれていますので、苦手な方は「そっ閉じ」お願いします。

ルアンパバーンの朝市を見学

ルアンパバーンでは朝市が開かれているということで、早朝に托鉢を見た後、その足で行ってみることにしました。

場所は、メインストリートであるシーサワンウォン通り(Sisavangvong Road)から路地を入ったところです。

人も多く、お店もいっぱいありますので、近くまで行けばすぐに分かると思います。

朝市では、生鮮食料品から日用品まで、様々なものが売られています。

 

スーパーマーケットのように、エリアによって野菜、肉、魚などに分かれて売られています。

ここは、野菜エリアです。

棚に果物がキレイに並べられてますね。

 

このお店では、商品が地面に並べて売られています。

香辛料が鮮やかですね。

 

※ここから閲覧注意

肉は大きく切られて、塊で売られています。

 

魚は、バナナの葉の上に並べて売られています。

 

大きめのナマズですかね。

とてもインパクトがありました。

 

蜂の巣(蜂蜜)と蜂の子ですね。

右側には鳥と魚も売っていますね。

 

蛇です。

これは、お酒を作る用なのでしょうか?

 

コウモリですね。

(左中央の)むき出しになった歯が怖いです。

 

鳥も本体で売買されています。

 

最後は虫です。

妻が動画で撮影したものを、静止画として切り出しました。

私は虫が苦手なので、うごめいているものを見ていると背筋が寒くなりました(笑)。

 

これも食べるのでしょうね....。

 

ということで、一通り朝市を巡ってみましたが、食文化の違いをあらてめて学ぶことができました。

※他国の食文化をグロいだのゲテモノだのとは言いたくありません。
とはいえ、苦手な人はいらっしゃると思いますので、閲覧注意ということにさせていただきました。
他国の文化を汚す意図はございません。

メコン川が見えるカフェで一休み

町歩きに疲れた我々は、メコン川が見えるカフェで一休みすることにしました。

パノラマで撮ってみたメコン川です。

 

このカフェでは、寝転がってメコン川の流れを楽しむことができます。

汚い足が写っていてすいません。

(こっちがホントの閲覧注意かもしれません)


ここでずーっと寝ていたかったのですが、ドリンクを飲み終わってしまったのと、スズメバチが数匹飛んでいましたので、怖くなって退散しました(笑)。

美しい夕焼けが見えるプーシーの丘

夕方は、ルアンパバーンの町を一望できるプーシーの丘(Phou Si)に登ってみました。

ここから見る夕焼けが美しいということで、この時間帯は多くの観光客が詰めかけていました。

夕日の方向とは違いますが、ルアンパバーンの町を一望することもできます。

 

丘に登って一時間くらい待ったでしょうか。

(写真はいまいちですが、肉眼では)美しい夕日を見ることができました。

 

ルアンパバーンの町は、どこに行ってものんびりとした時間が流れています。

夕方のプーシーの丘は、観光客で大混雑でしたが、それでも周りの景色や夕日に癒やされて良い時間を過ごすことができました。

 

今回は、ここまでということで、次回もラオスに関してご紹介できればと思います。

旅行については、以下の記事もお読みいただければ幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

それでは、また。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村