ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

旅行写真:2002年のスタンフォード・ブリッジ - Stamford Bridge(イギリス・ロンドン)

どうも、ドミナゴ(@Dominago50)です。

コロナ禍になる前に撮影した海外旅行の写真を整理していますので、このブログで紹介していきたいと思います。

今回は、2002年にスタンフォード・ブリッジ(Stamford Bridge)で観戦したFAカップ3回戦チェルシー(Chelsea) VS ノリッジ・シティ(Norwich City)についてご紹介できればと思います。

DMM英会話のお友達紹介コードは267989084です。
入会時にこのコードを入力すると紹介した方、紹介された方双方にプラスレッスンチケット3枚が貰えます。

スタンフォード・ブリッジ(Stamford Bridge)

ついに私の推しチームの紹介をするときが来ました(笑)。

スタンフォード・ブリッジ(Stamford Bridge)は、イングランドプレミアリーグに所属するチェルシー(Chelsea)の本拠地であります。

場所は、ロンドン南西部の閑静な住宅街の一角にあります。

ヨーロッパのフットボール競技場はどこもおしゃれです。

現在は、建物の正面にチェルシーなどで活躍したピーター・オスグッド(Peter Osgood)の銅像があるのですが、このとき(2002年時点)はまだなかったのですね。

 

ここへはイギリスに住む友人とリバプールからはるばる車でやってきました。

友人にチェルシー戦が見たい!とお願いしたらチケットを取ってくれました。

彼はリバプールファンでチェルシーは嫌いなのですが、このときは付き合ってもらうことにしました(笑)。

FAカップ3回戦 Chelsea VS Norwich City を観戦

私と友人が観戦したのは、FAカップの3回戦、チェルシー(Chelsea) VS ノリッジ・シティ(Norwich City)でした。

手元に半券が残っていました。

20年前なので年季が入っています。

 

マッチデーマガジンも購入しました。

ランパードが若いですね(笑)。

 

当時のチェルシーは、まだアブラモビッチがこのクラブを購入する前なので、借金を抱えた中堅クラブでした。

プレミアリーグで優勝はしないけど、2部にも落ちないというくらいの強さでした。

まさかその後ロシアの富豪がオーナーとなり、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、クラブワールドカップを制覇するチームになるなど思っても見ませんでした。

 

さて、試合の様子です。

私はこの試合がイギリスで初めてのフットボール観戦でしたので、それはそれは感動いたしました。

試合中、膠着状態になると一人のファンが、起きろ~!!(Wake Up Chelsea!!!)と声を上げたり、相手をからかうようなチャントをみんなで叫んだりと、日本で見るサッカーと雰囲気が大きく異なっていました。

観客席とピッチの距離が近いのもいいですね。

 

試合の方は 4-0 で我がチェルシーの圧勝でした。

この年のチェルシーは、FAカップで決勝に進んだものの、残念ながら宿敵アーセナル(Arsenal)に敗れています。

2002 FA Cup Final - Wikipedia

ジャンフランコ・ゾラ(Gianfranco Zola)

そもそも私がなぜチェルシーファンになったかというと、一人のイタリア人がきっかけでした。

その名も、ジャンフランコ・ゾラ(Gianfranco Zola)です。

もともとゾラが好きだった私は、1996年にイタリアのパルマからチェルシーに移籍してきたのをきっかけにチェルシーファンとなりました。

試合では、今と比べて性能の低いデジカメで必死にゾラの写真を撮ってました(笑)。

 

何より感動したのは、自分の生観戦の試合で、推しチームの好きな選手がレギュラーで試合に出て、しかもゴールを決めたことです。

更にすごいのは、そのゴールが今でも語り草になっているということです。

実際に生で見たときは、ゾラがゴールしたのはわかったのですが、どうやって蹴ったのかよく分かりませんでした。

後に映像で見てようやくわかりました。

右足のかかとで蹴ったボールが見事ゴールに吸い込まれています。

さすがサルディーニャの魔法使いですね。

www.youtube.com

 

この時の様子は、本人のWikipediaにも記述されていますね。

for his dominant performance when he scored with a notable backheeled effort in mid-air from a corner-kick, in an FA Cup tie against Norwich City on 16 January 2002. Manager Claudio Ranieri described the goal as "fantasy, magic".

当時率いてた監督のラニエリも「ファンタジー、マジック」と評した、となっています。

Gianfranco Zola - Wikipedia

 

以下は、お土産屋で買ったユニフォームです。

Fly Emiratesのロゴが懐かしいですね。

2012年に横浜であったクラブワールドカップ決勝にこれを着て観戦しました。

(チェルシーは負けましたけどいい思い出です)

 

プレミアの観戦チケットも高騰を続けていますが、またこの雰囲気でフットボールを観戦したいなと思いました。

 

今回は、ここまでということで、次回もイギリスについてご紹介できればと思います。

 

旅行ガイド「るるぶ」は Kindle Unlimited でも読めますので、旅行に行く前にざっと読んでおくのも良いですね。

 

旅行については、以下の記事もお読みいただければ幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

それでは、また。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村