ドミナゴのブログ

もうすぐ50歳のフリーランサーです。フリーランスのお仕事、オンライン英会話、ジョギング、ゲーム、旅行など雑多な情報をご紹介できればと思います。

MENU

ゲームで英語の勉強:The Legend of Tianding(Steam,Xbox他)

どうも、ドミナゴ(@Dominago50)です。

Steam、Xbox Game Pass などのゲームを通じて英語の勉強をしています。

今回は、Steam、Xbox Game Pass等で遊べるアクションゲーム、The Legend of Tianding(添丁の伝説)をプレイしてみましたので、ご紹介できればと思います。  

DMM英会話のお友達紹介コードは267989084です。
入会時にこのコードを入力すると紹介した方、紹介された方双方にプラスレッスンチケット3枚が貰えます。(誰が利用したかこちらには分かりません)

The Legend of Tianding(添丁の伝説)

The Legend of Tianding(添丁の伝説)は、2021年11月に販売が開始されたアクションゲームです。

台湾にある創遊遊戲というインディーゲーム会社が開発しました。

ゲームの舞台は、1909年、日本統治時代の台湾です。

XBox Game Pass での説明によると、

物語の主人公は、台北市の自警団員であり、日本の植民地時代には指名手配もされていた人物、廖 添丁(りょう てんてい)。20世紀初頭の台北の街で、歴史に残る “ならず者” として、富める者から奪い、貧しき者を養い、正義のために戦います。 
実在の事件や人物、歴史的背景をもとに、見過ごされがちな時代と場所を掘り下げ、中国の伝統的な漫画スタイルで表現したのがこの『添丁の伝説』です。 

となっています。

現在、Steamの他にXbox Game PassやNintendo Switchでも遊べます。

 

このゲームでは、難易度を選択できます。

カジュアルモードを選択すると、アクションが苦手な方でも、さくさくと先に進める仕様となっています。

実際にプレイしてみた感想

このゲームは2022年11月1日にXbox Game Pass に登録されましたので、カジュアルモードにて数時間プレイしてみました。

現在、第2章までクリアしました。

主人公はゲームを進めていく過程で、いろんな技を覚えていきます。

うまく敵にコンボが決まったときは、とても気持ちいい気分になれます。

また、ワイヤーアクションを駆使して移動する場面もあり、私が大好きでプレーしていた往年の名作、ヒットラーの復活や海腹川背を思い出しました。

 

一度、カジュアルモードでクリアしたら、難易度を上げて再び挑戦してみたいと思います。

英語の教材としては

このゲームは、表示を英語に切り換え可能です。

その他、日本語や中国語などでも遊ぶこともができます。

通常のアクションゲームは、文字を読むことが少ないので英語の教材には向きませんが、このゲームはアクションの合間のストーリーがとても充実しています。

劇画タッチで書かれた漫画や、街中を探索する過程での市民との会話など、多くの場面で英語に触れることができます。

 

プレイしていて私が分からなかった単語としては、

  • courtesan 高級売春婦
  • dissident 反体制の
  • divination 占い、易断、予言
  • glutton 大食家、熱心家、凝り屋

 などがありました。

こういった普段あまり使わない単語を、ゲームをしながら楽しく覚えれたらなと思います。

 

ゲームを使っての勉強方法は、過去の記事にまとめていますので、参考にしていただければと思います。

dominago50.com

dominago50.com

 

 

DMM英会話は25分の無料体験レッスンを行っています。
私もオンライン英会話を受講する前は、とても緊張しましたが、フレンドリーな先生方に助けられ、本格的に受講することに決めました。
(今では、受講時間が40,000分を超えています。)
全くの初心者の方は、日本人講師を選択することができますのでおすすめです。

お友達紹介コード 267989084

入会時にこのコードを入力すると

紹介した方、紹介された方双方に

プラスレッスンチケット3枚が貰えます

(誰が利用したかこちらには分かりません)

 

今回はここまでということで、ゲームについては、以下の記事もお読みいただければ幸いです。

dominago50.com

dominago50.com

それでは、また。

 

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村